うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病の治療で使われる薬

うつ病の治療で使われる薬

うつ病の治療で使われる薬には、以下のような種類があります。

 

①三環系抗うつ薬

うつ病の治療で使われる薬には、以下のような種類

セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを強力に抑え、高い抗うつ効果が得られます。その反面、副交感神経遮断(抗コリン作用)が強いため、副作用として、便秘や口の渇き、かすみ目、眠気が強く出やすいのも特徴です。また、ヒスタミンH1受容体の遮断作用も強く、不安は軽減されますが、日中の眠気や体重の増加が起こりやすいです。

  • アミトリプチリン(トリプタノール)
  • イミプラミン(トフラニール)
  • クロミプラミン(アナフラニール)

などの第一世代と呼ばれるものと、
副作用が抑えられた

  • アモキサピン(アモキサン)

などの第二世代と呼ばれるものがあります。

②四環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬を改造して作られたもの、第二世代の抗うつ薬に属します。セロトニン再取り込み阻害作用がないのが特徴で、三環系抗うつ薬に比べて副作用が少ないものの、効果も弱めです。副作用として眠気が出やすいですが、依存性もないため、これを利用して睡眠薬として利用されることもあります。

  • ミアンセリン(テトラミド)
  • ルジオミール(マプロチリン)

などがあります。

③SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)

第三世代の抗うつ薬で、選択的にセロトニンの再取り込みを阻害するのが特徴です。抗うつ作用は三環系や四環系よりもやや弱いとされていますが、その分副作用が比較的少ないのが利点です。服用初期に吐き気や食欲低下などの消化器症状などがみられることはあります。

  • フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)
  • パロキセチン(パキシル)
  • セルトラリン(ジェイゾロフト)
  • エスシタロプラム(レクサプロ)

があります。急に中止すると、めまい、頭痛、気分不良などの離脱症状が出るため、段階的に減らしていく必要があります。

④SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

第四世代の抗うつ薬で、セロ誤認だけでなく、ノルアドレナリンの再取り込みも選択的に阻害します。そのため、三環系に近い効果を得られながら、副作用は比較的少なく、SSRIと同程度とされています。ノルアドレナリンの再取り込みを阻害すると、付随してドーパミンの再取り込みも阻害されるため、広い範囲の症状に効果があるとされています。

  • ミルナシプラン(トレドミン)
  • デュロキセチン(サインバルタ)
  • ベンラファキシン塩酸塩(イフェクサーSRカプセル)

があります。

⑤NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)

四環系抗うつ薬の一つで、ノルアドレナリンα2の受容体と、セロトニン2A・2C受容体を遮断します。これにより、ノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンすべての作用を増強すると考えられています。正式に適応は認められていないものの、痛みにも効果的と言われています。副作用としては、眠気と食欲の問題が出やすいといわれています。
日本で使われているものには、ミルタザピン(リフレックス、レメロン)があります。

⑥その他、併用されることのある薬

不安や緊張が強い場合抗不安薬が、また不眠症状に対しては睡眠薬が用いられます。また、抗うつ薬のみで効果がみられない場合は、

  • リチウム(リーマス)
  • カルバマゼピン(テグレトール)
  • バルプロ酸ナトリウム(デパケンバレリン)

などの気分安定薬や

  • アリピプラゾール(エビリファイ)

などの非定型抗精神病薬などが用いられることもあります。
漢方薬では、桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、酸棗仁湯などが効くこともあります。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病の薬が効かない人は食生活に問題が
うつ病になって精神内科や心療内科へ行って診断が下されると、必ずといっていいほど抗うつ薬などのお薬が処方されます。 しかし、このようなお薬が効きにくい人がいることをご存じですか? うつ病と診断されると抗うつ薬などの薬が処方されます。しかし、薬を飲んでも効果が出ない人がときどき存在し、その原因は食生活にあると言われています。
「うつ病」のチェックリスト!
うつ病かも?と心配だけど医療機関に行くのが不安な方のための、簡単うつ病チェックリスト。
攻撃的になったりや自殺率が増すという抗うつ薬SSRIの症状
近年、抗うつ薬であるSSRIを服用中に他者に対して攻撃的になり暴力をふるうなどの事件が起きています。詳しい事例などを踏まえてSSRIを説明します。
うつ病に処方される抗うつ薬
うつ病患者に処方される抗うつ薬は、三環系、四環系、SSRI、SNRIの4系統があります。副作用が大きい場合は、より体にあったものへの変更が必要です。依存性も強いですが、重度の症例では治療に不可欠です。
抗うつ薬の種類が増えたので、選択肢が広がった
抗うつ薬の種類は多くそんざいし、大きく分けてSSRI、SNRI、NassA、三環系、四環系の5種類に分けることが出来ます。種類によって神経伝達物質の作用する場所が異なってくるので、その人にあった種類の抗うつ薬を見付け、治療していきます。
口の渇きや便秘などの副作用がある
抗うつ薬は比較的に副作用が少ない薬が多いですが、薬を服用中に医師の説明になかったような症状が出た場合は、直ぐに中止し医療機関に相談するようにしましょう。
うつ病に処方される漢方薬
漢方薬は西洋薬のようにうつ病にはっきりと効き目を感じるわけではなく、体や心の調子を穏やかに整えるものです。種類としては気虚型、気滞型、気上昇型、気過剰型があります。
うつ病の辛い症状を抑えるために薬を使う
うつ病の治療で認知行動療法などの精神療法を行う場合は、抗うつ薬などの薬物療法で症状を落ち着かせてから行う必要があります。
抗うつ薬を中心に、ほかの薬も活用する
抗うつ薬だけでは症状の回復が安定しない場合や、うつ病以外にも症状がある場合は、他の薬も併用します。しかし、薬によっては併用できないものもありますので、注意が必要です。
薬は使い始めて2周間前後で効果が出はじめる
抗うつ剤は頭痛薬や風邪薬と違い、即効性がないので、根気強く飲み続けることが必要です。
薬の効果と副作用は定期的に報告する
抗うつ薬を使い始めて、効果や副作用が正確に医師に報告することが大切です。
症状がおさまっても薬は飲み続ける
うつ病の治療は急性期、継続期、維持期の段階をふんでいきます。
完治ではなく、完全寛解を目指す
うつ病の治療が進んでいき、症状が出なくなっても完全に完治したというわけではなく寛解状態です。この状態は症状がおさまっているだけにすぎないので再発しないように注意が必要です。
どの薬も効かず、診断が変わることもある
うつ病と診断されると抗うつ薬が処方されます。しかし飲んでも経過に変化がない場合は、診断が他の病名へ変わることもあります。
うつ病と栄養
うつ病の予防や改善には、食生活も非常に重要となります。毎日の食事に気を付けるようにしましょう。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療