うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病症状の症状と治療法、予防方法などを紹介。

うつ病の薬が効かない人は食生活に問題が

うつ病の薬が効かない人は食生活に問題が

うつ病になって精神内科や心療内科へ行って診断が下されると、
必ずといっていいほど抗うつ薬などのお薬が処方されます。
しかし、この抗うつ薬が効きにくい人がいます。

 

その傾向としては、普段の食生活に問題がある人が多いと言われています。
正確にいえば、食事によって大きく左右される体質が、うつ病の治りやすさ、
や薬の効き目にも大きく関係しているとも言えます。

 

たいてい、抗うつ薬の効きが良く、再発しにくい人はバランスをとれた食生活をしており、
季節の野菜などを積極的に取っている方が多いです。
20代~30代の都会でのひとり暮らしのうつ病患者さんなどは、
栄養バランスが崩れがちな人が多く、薬が効きにくかったり、
もし薬が効いて治ったとしても再発したりする率が非常に高いんです。

 

うつ病には食生活も関係する

バランスのいい食事が重要

最近では、インスタント食品やコンビニ弁当ばかり食べている人や、食事をスナック菓子で済ませてしまう人もいます。一日三食どころか、一食や五食、六食、起きているときは間食にスナック菓子などをだらだら食べ続けているという人もいます。また、砂糖がたくさん入った缶コーヒーや清涼飲料水をがぶ飲みするような人もよく見られます。

 

これらの食事で満足し、カロリーを満たす事だけで充足するような生活は、いまの若い人に共通する傾向だと言われています。このような乱れた食生活は、乱れた生活の象徴でもあります。
このように、著しくバランスを欠いた食生活を送っている人たちが、睡眠や運動、入浴を規則正しく行っているという事例はないといっても過言ではないような気がします。

 

しかし、このような乱れた食生活を改め、乱れた生活習慣全般を正していくことがうつ病を完治させることに直結すると私は考えています。

 

抗うつ薬

抗うつ薬

心の正常な働きをつかさどる脳内の神経伝達物質セロトニンは抗うつ薬などで補うことは出来ません。SSRIに代表される抗うつ薬は、脳内のセロトニン自体の分泌量を増やすわけではなく、情報をやりとりするシナプスとシナプスの隙間になるべく多くのセロトニンを長く滞留させて、セロトニンが後シナプスの受容体に取り込まれやすい状態を保っているだけなのです。

 

そして、肝心なセロトニンを補給するには、食事や生活習慣によって体調を整え、セロトニンが分泌されるようにセロトニンの原料になる栄養素を十分に摂取する必要があるのです。

 

なので、日頃からの食生活が乱れて体調も崩している人は元々セロトニンの量が少ないです。
薬を飲んでも、シナプスの受容体に取り込まれることが難しいので、お薬が効かないと感じてしまう事もあるようです。
うつ病を本当に完治したいと思うのであれば、乱れた食生活や習慣を改め、神経伝達物質セロトニンがスムーズに働いてくれるような体調作りが必要なんですね。

 

サプリメントによって症状を改善する

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。
それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

うつの症状で食欲がなくなる

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます。
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、
生活習慣が乱れる場合が多いです。


最初は精神的なものでも徐々に肉体にも影響してしまうのです。さらに、肉体の疲れは精神の疲れにつながり悪循環となってしまいます。
多くのうつ病患者さんがこれに陥ってしまいます。


こういった場合に、心身の状態を整えるのに、サプリメントは非常に有効な手段です
抗うつ剤や精神安定剤での治療では、お薬の離脱症状に苦しむ場合が有ります。そういった問題もサプリメント療法は心配する必要がないので安心して取り入れることができます。

 

生活改善だけでは乗り切れない気分障害も、サプリメントを摂取することによって改善するケースが有ります。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

「うつ病」のチェックリスト!
うつ病かも?と心配だけど医療機関に行くのが不安な方のための、簡単うつ病チェックリスト。
攻撃的になったりや自殺率が増すという抗うつ薬SSRIの症状
近年、抗うつ薬であるSSRIを服用中に他者に対して攻撃的になり暴力をふるうなどの事件が起きています。詳しい事例などを踏まえてSSRIを説明します。
うつ病に処方される抗うつ薬
うつ病患者に処方される抗うつ薬は、三環系、四環系、SSRI、SNRIの4系統があります。副作用が大きい場合は、より体にあったものへの変更が必要です。依存性も強いですが、重度の症例では治療に不可欠です。
抗うつ薬の種類が増えたので、選択肢が広がった
抗うつ薬の種類は多くそんざいし、大きく分けてSSRI、SNRI、NassA、三環系、四環系の5種類に分けることが出来ます。種類によって神経伝達物質の作用する場所が異なってくるので、その人にあった種類の抗うつ薬を見付け、治療していきます。
口の渇きや便秘などの副作用がある
抗うつ薬は比較的に副作用が少ない薬が多いですが、薬を服用中に医師の説明になかったような症状が出た場合は、直ぐに中止し医療機関に相談するようにしましょう。
うつ病に処方される漢方薬
漢方薬は西洋薬のようにうつ病にはっきりと効き目を感じるわけではなく、体や心の調子を穏やかに整えるものです。種類としては気虚型、気滞型、気上昇型、気過剰型があります。
うつ病の辛い症状を抑えるために薬を使う
うつ病の治療で認知行動療法などの精神療法を行う場合は、抗うつ薬などの薬物療法で症状を落ち着かせてから行う必要があります。
抗うつ薬を中心に、ほかの薬も活用する
抗うつ薬だけでは症状の回復が安定しない場合や、うつ病以外にも症状がある場合は、他の薬も併用します。しかし、薬によっては併用できないものもありますので、注意が必要です。
薬は使い始めて2周間前後で効果が出はじめる
抗うつ剤は頭痛薬や風邪薬と違い、即効性がないので、根気強く飲み続けることが必要です。
薬の効果と副作用は定期的に報告する
抗うつ薬を使い始めて、効果や副作用が正確に医師に報告することが大切です。
症状がおさまっても薬は飲み続ける
うつ病の治療は急性期、継続期、維持期の段階をふんでいきます。
完治ではなく、完全寛解を目指す
うつ病の治療が進んでいき、症状が出なくなっても完全に完治したというわけではなく寛解状態です。この状態は症状がおさまっているだけにすぎないので再発しないように注意が必要です。
どの薬も効かず、診断が変わることもある
うつ病と診断されると抗うつ薬が処方されます。しかし飲んでも経過に変化がない場合は、診断が他の病名へ変わることもあります。
うつ病と栄養
うつ病の予防や改善には、食生活も非常に重要となります。毎日の食事に気を付けるようにしましょう。
うつ病の治療で使われる薬
セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを強力に抑え、高い抗うつ効果が得られます。その反面、副交感神経遮断(抗コリン作用)が強いため、副作用として、便秘や口の渇き、かすみ目、眠気が強く出やすいのも特徴です。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療