うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病症状の症状と治療法、予防方法などを紹介。

うつ病に処方される漢方薬

うつ病のお薬・抗鬱剤・精神安定剤

うつ病に処方される漢方薬

うつ病で病院にかかったときに、うつ病の症状が軽いときや、抗うつ薬に抵抗感を感じる人に漢方薬が処方されることもあります。
漢方薬は、西洋薬にようにピンポイントにこの症状に効くというものではなく、体や心全体の調子を穏やかに整えるお薬です。

 

抗うつ薬のように効き目がはっきり感じられる感覚はあまりありませんが、副作用や依存性も少ないので安全に服用することができます。しかし、即効性がないので長期に渡って飲み続けることや、体に合わなければ、効果を実感することが難しいという点が欠点です。

 

うつ病で処方される漢方薬には次のようなものがあります。

 

気虚型

 

 補中益気湯(ほちゅえきとう)
 胃腸虚弱で、気力や食欲がない人に使用します。

 

桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
 胃腸虚弱で、ストレスによる不安神経症、不眠症の人に使用します。

 

加味帰脾湯(かみきひとう)
 貧血気味の人で、過度の精神疲労のある人や、不安感が強い人、うつ症状の人に使用します。

 

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
  神経質な人で、胃腸虚弱、頭部の汗や口が渇く、動悸がする、不眠症の人に使用します。

 

 

気滞型

 

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
 生真面目で神経質な人、不安が強く、神経症や不眠の人に使用します。
  梅核気(ばいかくき)の人の症状である、梅の種がのどにつまったようにのどの異物感や胸の圧迫感、動悸、声が出にくいなどの症状の人にも使用します。

 

香蘇散(こうそさん)
 ストレス発散が難しく、うつうつとした気分の 内気な性格の人や、耳がふさがったような症状の人に使用します。

 

柴朴湯(さいぼくとう)
  口に苦みを感じる、食欲がない、胸から脇が張ったような痛みを感じる不安神経症の人に使用します。

 

 

気上昇型

 

 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  気分がころころ変わりやすく、せっかちでイライラしやすい人や、PMSや更年期障害の人に使用します。

 

 抑肝散(よくかんさん)
  怒りっぽく、せっかちで神経過敏、神経の高ぶりで眠れない、被害妄想や更年期障害の人に使用します。

 

抑肝散加陳皮半夏 (よくかんさんかちんぴはんげ)
  抑肝散と同じような症状だが、胃腸が弱い人に使用します。

 

釣藤散(ちょうとうさん)
 神経症や、耳鳴り、イライラしやすい、頭痛や不眠のある血圧が高めの中高年の人に使用します。

 

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
冷えているのにのぼせる、顔が火照る、身体動揺感じやめまいがある人に使用します。

 

気上昇型

 

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
 冷えがなく、暑がりで火照りが気になる人、興奮しやすい、胃の炎症、イライラ感、不眠症、不安や焦り、血圧が高めな人などに使用します。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
血のつまりから来る症状に効果があります。肩こりがあり、冷えのぼせが気になる、体が硬く筋肉質な人に使用します。
このような体質の人のイライラ、更年期障害、頭痛、生理痛の症状に使用します。

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
桂枝茯苓丸のようなや体質や症状の人で、便秘の人に使用します。

 

 

気過剰型

 

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
体力があって、体格も良い人の、みぞおちあたりの張りを伴う精神症状、不眠症、のぼせ、動悸、イライラ感などに使用します。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病の薬が効かない人は食生活に問題が
うつ病になって精神内科や心療内科へ行って診断が下されると、必ずといっていいほど抗うつ薬などのお薬が処方されます。 しかし、このようなお薬が効きにくい人がいることをご存じですか? うつ病と診断されると抗うつ薬などの薬が処方されます。しかし、薬を飲んでも効果が出ない人がときどき存在し、その原因は食生活にあると言われています。
「うつ病」のチェックリスト!
うつ病かも?と心配だけど医療機関に行くのが不安な方のための、簡単うつ病チェックリスト。
攻撃的になったりや自殺率が増すという抗うつ薬SSRIの症状
近年、抗うつ薬であるSSRIを服用中に他者に対して攻撃的になり暴力をふるうなどの事件が起きています。詳しい事例などを踏まえてSSRIを説明します。
うつ病に処方される抗うつ薬
うつ病患者に処方される抗うつ薬は、三環系、四環系、SSRI、SNRIの4系統があります。副作用が大きい場合は、より体にあったものへの変更が必要です。依存性も強いですが、重度の症例では治療に不可欠です。
抗うつ薬の種類が増えたので、選択肢が広がった
抗うつ薬の種類は多くそんざいし、大きく分けてSSRI、SNRI、NassA、三環系、四環系の5種類に分けることが出来ます。種類によって神経伝達物質の作用する場所が異なってくるので、その人にあった種類の抗うつ薬を見付け、治療していきます。
口の渇きや便秘などの副作用がある
抗うつ薬は比較的に副作用が少ない薬が多いですが、薬を服用中に医師の説明になかったような症状が出た場合は、直ぐに中止し医療機関に相談するようにしましょう。
うつ病の辛い症状を抑えるために薬を使う
うつ病の治療で認知行動療法などの精神療法を行う場合は、抗うつ薬などの薬物療法で症状を落ち着かせてから行う必要があります。
抗うつ薬を中心に、ほかの薬も活用する
抗うつ薬だけでは症状の回復が安定しない場合や、うつ病以外にも症状がある場合は、他の薬も併用します。しかし、薬によっては併用できないものもありますので、注意が必要です。
薬は使い始めて2周間前後で効果が出はじめる
抗うつ剤は頭痛薬や風邪薬と違い、即効性がないので、根気強く飲み続けることが必要です。
薬の効果と副作用は定期的に報告する
抗うつ薬を使い始めて、効果や副作用が正確に医師に報告することが大切です。
症状がおさまっても薬は飲み続ける
うつ病の治療は急性期、継続期、維持期の段階をふんでいきます。
完治ではなく、完全寛解を目指す
うつ病の治療が進んでいき、症状が出なくなっても完全に完治したというわけではなく寛解状態です。この状態は症状がおさまっているだけにすぎないので再発しないように注意が必要です。
どの薬も効かず、診断が変わることもある
うつ病と診断されると抗うつ薬が処方されます。しかし飲んでも経過に変化がない場合は、診断が他の病名へ変わることもあります。
うつ病と栄養
うつ病の予防や改善には、食生活も非常に重要となります。毎日の食事に気を付けるようにしましょう。
うつ病の治療で使われる薬
セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを強力に抑え、高い抗うつ効果が得られます。その反面、副交感神経遮断(抗コリン作用)が強いため、副作用として、便秘や口の渇き、かすみ目、眠気が強く出やすいのも特徴です。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療