うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病の分類

うつ病の分類

うつ病の分類

近年は、原因を問わず症状の項目数と経過だけで類型化するDSMという診断基準が主流になってきていますが、伝統的には、うつ病はその病因から以下のように分けられていました。

 

①内因性うつ病

いわゆる典型的なうつ病です。状況要因を見いだせる場合もありますが、ひとりでに発症すると考えられていたためにこう呼ばれています。原因がわからなかった重度の抑うつ障害の原因をとりあえず「内因性」としたともいえます。

 

②心因性うつ病

内因性とは対照的に、はっきりした出来事に反応して生じたと考えられるものが心因性うつ病とされました。その中でも、要因となった状況が解消すると速やかに回復する場合に反応性うつ病と呼ばれます。現在の診断基準では、適応障害に含まれるかもしれません。また、大切な人を失ったときに陥るうつ病的な状態は、悲嘆反応と呼ばれ、反応性うつ病に含まれます。

 

③神経症性うつ病

状況因や性格などがいろいろ関連していて、うつ症状も軽度なものを指します。現在の診断体系では非定型うつ病や、気分変調性障害が含まれる可能性があります。

 

④抑うつ神経症

あくまで心理的なメカニズムのみで発症するうつ病と考えられていました。しかしながら実際には、軽度のうつ病状態がみられることも多く、抗うつ薬が効くことも多いと明らかになってきており、今では神経症性うつ病とはっきり区別されません。両者とも気分変調性障害に含まれるのではないかと考えられます。

 

⑤身体因性うつ病

甲状腺機能障害などのホルモン異常や内分泌障害、脳血管性障害など生理的要因にともなううつ状態です。厳密にはその原疾患で診断されるため、狭義のうつ病には含まれませんが、DSM5では他の医学的疾患による抑うつ障害とされます。

 

うつ病では、まだまだ原因の解明が不十分な段階ですが、今後脳や遺伝子などの研究が進み、さらに原因が特定できるようになれば、診断基準もまた変わっていくかもしれません。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病の改善、予防レシピ一覧はこちら
一覧はこちらをご覧ください。うつ病の症状が気になるレシピ。うつ病の症状が気になる方に効く食事・料理レシピをに紹介しています。
牛肉で作るチンジャオロース
豚肉とわかめでたんぱく質、ビタミン、ミネラルをたっぷりとれます。調理に油を使っていないし、湯引きして脂をとるので豚肉の脂肪も気になりません。 カロリーを心配せずに食べられる肉のおかずです。
鶏肉入り!温かそば
鶏肉に多く含まれている「イミダペプチド」という栄養素は、抗うつ作用があるとされています。この栄養素は熱で水に溶ける性質があるので、焼くよりも煮たほうが効率的に摂取できます。
豆乳バナナジュース
トリプトファンとビタミンB群が豊富な豆乳とバナナをはちみつを入れたジュースにし飲みやすくしました。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療