うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病の人への接し方

うつ病の人への接し方

今回は、うつ病の方と接するときのポイントや注意点などをお伝えしたいと思います。

 

うつ病は、脳と身体の病気と理解する。

うつ病は、脳と身体の病気と理解する。

うつ病の症状が出ているときは、脳の働きに変調をきたし、例えば段取りを組む、優先順位をつける、考えをまとめる、など様々なことがうまくできなくなります。その結果、行動を起こすことが普段より大変になります。そのため、はたから見れば怠けているように見える姿も、実際には「普通のことをするのが人一倍大変な状態」なのです。
生きているだけで頑張っている状態といえます。どのような言葉をかけたらいいか、正解はありませんが、まずはうつ病は心の弱さではなく、病気なのだと理解することで、許せるところもあるのではないでしょうか。

 

焦らせない

うつ病の人を焦らせない

うつ病になると、発言が減ったり、行動が鈍くなったりするため、見ているとじれったくなるかもしれません。また仕事を休んでいたりすると、家族としては経済的な心配などから「早くよくなって」と嫌みの一つや二つ言いたくなるかもしれません。
しかしながら、うつ病の時は、周囲から見える以上に本人が一番焦っていることがほとんどです。本人は、すでに申し訳なさでいっぱいの状態ですので、「早く」とせかしても、かえって身動きが取れなくなってしまうなど、いい結果を生まないことがほとんどです。
特に、回復の途中では、周囲からは大丈夫に見えても、気分の波がまだ大きく、気持ちに体や頭の働きが追いつかない時期があります。元気だと思って焦って活動し、不調になることを繰り返し、絶望感を持ちやすく、自殺のリスクが高い時期です。回復には最低でも半年はかかる病気ですので、どうか本人のペースを見守ってあげてください。

 

我慢しすぎない

うつ病は我慢しすぎない

うつ病は働き盛りや子育て世代の方に多くみられる病気です。そのため、例えば配偶者がうつ病にかかると、本人の看病に加えて家事負担や経済的負担を一手に担わなければならなくなる場合も少なくありません。
「頑張れといってはいけない」
など言葉ばかりがひとり歩きしていますし、息詰まった気持ちでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
自分が経験したことのない目に見えない症状そのものが、気持ちを揺さぶるものでもありますし、気持ちに余裕がないとつい本人に辛く当たってしまうことがあっても無理のないことだと思います。対応に困ったら、一緒に受診するなどして主治医に相談してみてください。
また、ご自身がカウンセリングを受けることが役立つかもしれません。家族会も各所で組織されています。一人で抱え込まずに、専門家や同じ経験をもつ方々に、ぜひ相談してみて頂きたいと思います。また、遠慮せずにご自身の気晴らしやリラックスタイムも、大事にしてください。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病の労災認定基準
うつ病の発症原因が職場にある場合は、労災の認定を受けることで、損害賠償請求が可能になります。
うつ病の補助金|保険加入
うつ病に掛かってしまった方の場合では、心療内科などで診察を受けることが良い方法です。診断結果がうつ病と断定された場合では、保険に補助金のようなものを得ることができ、規定の診断書を持って居住している役所で手続きすると、1割負担になります。
うつ病で入院した場合の費用
うつ病の入院費用は保険適用となります。一定額以上の請求には限度額適用認定証を病院の窓口に提示すると、一定額以上の請求は来ません。必要な場合は、加入している組合に申請すると出費が抑えられるので良いです。
うつ病で働けなくなった時に使える制度
うつ病を発症してしまうと、長期間の休職や退職をしなければならないこともあります。このような金銭的不安を抱える時に使える公的な制度をご紹介します。
うつ病と就労支援
うつ病を抱えながらの就職活動では、様々な悩みが生じるのではないでしょうか。長く働き続けるための仕事選びのポイントをお伝えしたいと思います。
うつに効くマインドフルネストレーニング
うつ病では、ネガティブな考えが繰り返し思い浮かび、注意が自分の中のそういった考えにばかり向いてしまうため、結果的に外に目が向かず、抑うつ気分が続いてしまう
うつ病と認知行動療法
うつ病の治療には、薬物療法と合わせて「認知行動療法」と呼ばれる心理療法が効果的と言われています。 認知行動療法は、ストレスやうつ症状を「認知(考え)」、「行動」、「気分」また「身体反応」のつながりから理解し、これらの悪循環を断ち切ることを目的とする治療法です。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療