うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病症状の症状と治療法、予防方法などを紹介。

うつ病の補助金|保険加入

うつ病の治療

 

うつ病の治療をしていく上で、金銭の問題は重要になってきます。薬や治療の費用は高額です。そこで補助金の制度を利用することも一つの方法です。

 

まず「自立支援医療」という制度です。これは通常の保険は自己負担が3割ですが、
この制度ですと自己負担が1割になります。

 

また会社勤めをしている人には「傷病手当金」を受給できる制度もあります。うつ病の治療には静養が必要なので、会社を休む必要があります。
その休暇中の保証をしてくれる制度です。ご自分の会社が加入している保険組合から補助金がでて、最大1年6ヶ月支給されます。
また会社を退職して、さらにうつ病の治療が必要な場合には「特別障害者手当」や「障害年金」などの制度があります。

 

「特別障害者手当」は日常生活での負担を軽減するために補助金が支給される制度です。
そして「障害年金」は傷病の人の生活を支えるための制度です。

 

この「障害年金」の受給はうつ病の発症した時にどの年金に加入していたかによって違ってきます。国民年金か厚生年金かによって違ってきますので、お近くの年金事務所や年金相談センターなどに問い合わせてみましょう。

 

うつ病の人の保険の加入について

うつ病の人が生命保険などに加入する事はできるのでしょうか。厳密には入れる場合も有れば入れない場合も有ると言えます。ちなみに元々保険に入っている人の場合は、後でうつ病と診断されても、解約しなければ継続可能です。

 

また、保険に入る時の病状に関しては、普通は自己申告で病気に関する質問事項に記入していけば良い場合が多いですが、うつ病の場合、自殺や自傷行為の確率が高いため、医師の診断書を求められる場合が有ります。その診断書の内容によっては加入出来ない事も有ります。

 

これは会社の運営上、致し方ない事では有ります。近年ではうつに関する社会の理解も以前よりはましになってきたと言えますが、まだまだ偏見の目で見られる事が多いのが現実です。
本来は症状が軽い場合は特に問題はないはずですが、この病名に関しては加入に際してはまだ理解が不足しているのか、審査の基準が高いと言わざるを得ません。うつ病に関する理解の改善が今後も必要と言えます。

 

心を癒すサプリメントランキング

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病の労災認定基準
うつ病の発症原因が職場にある場合は、労災の認定を受けることで、損害賠償請求が可能になります。
うつ病で入院した場合の費用
うつ病の入院費用は保険適用となります。一定額以上の請求には限度額適用認定証を病院の窓口に提示すると、一定額以上の請求は来ません。必要な場合は、加入している組合に申請すると出費が抑えられるので良いです。
うつ病で働けなくなった時に使える制度
うつ病を発症してしまうと、長期間の休職や退職をしなければならないこともあります。このような金銭的不安を抱える時に使える公的な制度をご紹介します。
うつ病と就労支援
うつ病を抱えながらの就職活動では、様々な悩みが生じるのではないでしょうか。長く働き続けるための仕事選びのポイントをお伝えしたいと思います。
うつに効くマインドフルネストレーニング
うつ病では、ネガティブな考えが繰り返し思い浮かび、注意が自分の中のそういった考えにばかり向いてしまうため、結果的に外に目が向かず、抑うつ気分が続いてしまう
うつ病と認知行動療法
うつ病の治療には、薬物療法と合わせて「認知行動療法」と呼ばれる心理療法が効果的と言われています。 認知行動療法は、ストレスやうつ症状を「認知(考え)」、「行動」、「気分」また「身体反応」のつながりから理解し、これらの悪循環を断ち切ることを目的とする治療法です。
うつ病の人への接し方
うつ病の方と接するときのポイントや注意点などをお伝えしたいと思います。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療