うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病症状の症状と治療法、予防方法などを紹介。

自分に対する「禁止」を緩め人生脚本を書き直そう

自分の人生の脚本はなかなか本人が気付かないうちに繰り返されるものなので、まずはそういった脚本があることに気づくことが必要です。

 

どこにいっても人間関係のトラブルが起こる、あと少しの所でチャンスを逃してしまう・・・というような事が繰り返しおこってしまう場合はあるパターンで行動しています。

 

これらの6つのパターンに気がついて、それを変えていく事は人生脚本を良い方向に持っていくのに大変有効です。それでは、人生脚本を書きかえる方法をご紹介しますね。

 

・・・までは

 

例)仕事を済ませるまでは楽しめない
→ 楽しみながら仕事をしよう

 

・・・の後では

 

例)今日は楽しいが、明日になればつまらない毎日に戻ってしまうだろう
→ 今日楽しければ、明日もまた楽しいだろう

 

決して

 

例)私は決して幸せにはなれない
→ ささやかな喜びを幸せと考えるようにしよう

 

いつもいつも

 

例)人間関係や仕事がいつもいつもうまくいかない
→ そこに留まらなくてもよいんだ

 

もう一歩のところで

 

例)あと少しのところで失敗する
→ 一つ一つやりとげていこう

 

・・・までは

 

例)目標の達成感が得られず、また次の目標を求める
→ 自分の好きなように結末を描く 

 

口癖やしぐさや表情などをチェックして人生脚本を書き換える

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

自分の人生を不幸にしてしまう人生脚本は子供のころに形成される
自分を不幸の人生にしてしまう人は子供の環境が原因であることが多いと言われています。特に、親からの言動により自分を殺してしまいます。
口癖やしぐさや表情などをチェックして人生脚本を書き換える
自分を不幸の人生にしてしまう人は子供の環境が原因であることが多いと言われています。特に、親からの言動により自分を殺してしまいます。
楽しいと思う事や、やりたい事を見つける
うつ病の症状改善には投薬も重要ですが、趣味や楽しいことを見付けることもとても大切です。それにより心が落ち着き、次第にうつ病も改善していきます。
減点中心の考え方をやめる
減点中心の前向きでない考え方はうつ病の人にはとても悪影響です。
「こうでなければ」という思い込みが自分を苦しめる
うつ病と診断されると多くの方が落ち込みますが、うつ病の改善には自分としっかりと向き合うことが必要です。そうして完治した人は考え方が変化し、人生が大きく変わった人が多く存在ます。
うつ病の治療が長引きやすい場合
うつ病は、十分な休養と適切な薬物療法を受ければ、典型的には数か月のうちにある程度軽快することが多いと言われています。しかしながら、経過には個人差があり、治療が長引くことも多くあります。
うつ病発症のメカニズム
うつ病が発症する過程では、さまざまな「脳」と「環境」の悪循環が起こっていると言われています。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療