うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病の治療が長引きやすい場合

うつ病の治療が長引きやすい場合

うつ病の治療が長引きやすい場合

うつ病は、十分な休養と適切な薬物療法を受ければ、典型的には数か月のうちにある程度軽快することが多いと言われています。しかしながら、経過には個人差があり、治療が長引くことも多くあります。そもそもうつ病は診断が非常に難しい病気で、その時点で抑うつの症状が多く出ていて基準を満たせば、診断がついてしまいますが、しばしば他の疾患が隠れていることがあります。

 

うつ病と間違われる双極性障害

うつ病と間違われやすい疾患の代表的なものは、双極性障害です。
双極性障害は、気分がハイになったり逆に落ち込むことを繰り返す病気です。
生活史の中で、急に活動的になる時期などが明らかにみられれば診断も付きやすいのですが、今までに高ぶっている躁状態があまり見られなかったり、軽くて本人も気づかない程度であると、見逃されることも多く、注意が必要です。

 

抗うつ薬の一種であるSSRIという選択的セロトニン取り込み阻害剤の服用により攻撃的になったりするケースがあると、社会問題になりましたが、そういったケースの中には、副作用の問題だけではなく、実際には双極性障害が隠れていたケースが相当数あるともいわれています。うつ病と双極性障害では薬物療法も異なるので、治療が長引き、気分の波が大きい場合は、検討が必要でしょう。

 

精神疾患が合併しているケース

また、他の精神疾患が合併しているケースも治療が難しくなりやすいといえます。例えば、不安障害が合併している場合も、うつ病自体が重症化し、慢性化しやすいと言われています。
不安障害には、

  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 全般性不安障害

などが挙げられます。併存している場合、不安障害を先に発症し、その後うつ病に発展することが多いと言われています。

 

発達障害が隠れていることも

背景に発達障害やパーソナリティ障害が隠れていることもあります。発達障害には、他者の気持ちや状況を読み取ることに困難を抱える自閉スペクトラム障害や、落ち着きがなかったり不注意だったりする注意欠陥・多動障害、その他、読み書きが極端に苦手など、能力のばらつきが大きい場合など、様々なタイプがあります。障害特性として感情コントロールの難しさを抱えている場合もありますし、障害による生きづらさから、二次的にうつ状態に陥ることも多くあります。

 

パーソナリティ障害

パーソナリティ障害では、考えや行動パターン、また対人関係の持ち方に大きな偏りがあり、その問題からうつ状態に陥っていることがあります。ただし、軽症のうつ状態が慢性的に続いている場合に、性格の問題と区別がつきにくくなっていることもあり、また双極性障害の気分の波が隠れていることもあるので鑑別には難しさがあります。

 

職場環境や家庭環境、またうつ病にかかりやすいライフスタイルが改善していないなど、治療環境が整っていないことも、当然ながらうつ病が長引く要因となります。
いずれにせよ、併存疾患や環境要因が大きく関係している場合には、その問題に取り組むことが必要です。
症状との付き合い方を学んだり、ライフスタイルを見直したりするには、薬物療法だけではなく認知行動療法やその他の心理療法が役立つ場合も多くありますので、治療法について主治医とよくご相談ください。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

自分の人生を不幸にしてしまう人生脚本は子供のころに形成される
自分を不幸の人生にしてしまう人は子供の環境が原因であることが多いと言われています。特に、親からの言動により自分を殺してしまいます。
自分に対する「禁止」を緩め人生脚本を書き直そう
自分を不幸の人生にしてしまう人は子供の環境が原因であることが多いと言われています。特に、親からの言動により自分を殺してしまいます。
口癖やしぐさや表情などをチェックして人生脚本を書き換える
自分を不幸の人生にしてしまう人は子供の環境が原因であることが多いと言われています。特に、親からの言動により自分を殺してしまいます。
楽しいと思う事や、やりたい事を見つける
うつ病の症状改善には投薬も重要ですが、趣味や楽しいことを見付けることもとても大切です。それにより心が落ち着き、次第にうつ病も改善していきます。
減点中心の考え方をやめる
減点中心の前向きでない考え方はうつ病の人にはとても悪影響です。
「こうでなければ」という思い込みが自分を苦しめる
うつ病と診断されると多くの方が落ち込みますが、うつ病の改善には自分としっかりと向き合うことが必要です。そうして完治した人は考え方が変化し、人生が大きく変わった人が多く存在ます。
うつ病発症のメカニズム
うつ病が発症する過程では、さまざまな「脳」と「環境」の悪循環が起こっていると言われています。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療