うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病症状の症状と治療法、予防方法などを紹介。

「こうでなければ」という思い込みが自分を苦しめる

うつ病にかかりやすい人は「自己肯定感」が低く、自信がない傾向があります。
さらに「こうでなければならない」というような固定観念にも縛られがちです。
厄介なことに、この「こうでなければ」という観念は潜在意識の中に深く刻み込まれています。

 

自覚されないままに「こうでなければ」が刷り込まれてしまっているので、自分では気がつきにくいです。しかし、うつ状態の人は意識して、そうした考え方を変えることが、非常に大切です。では、こういった考え方はどこから生まれてきたのでしょう。

 

親子関係がうつの要因に

その大きな要因に親子の関係が関わっていたりします。
うつになりやすい人というのは、「自己固定感」が低く、自信のない傾向があると言いましたが、その考えの多くが、親との関係によって作られていると言っても過言ではないです。

 

  • 「なにもやっても駄目な子!」
  • 「お友達の○ちゃんは出来るのに、なぜあなたは出来ないの!」

 

親から怒られる

など、親から常に怒られたり、欠点やマイナス点ばかり指摘されていたら、子供はどう思うでしょうか?ほとんどの子供は、「自分は駄目な人間なんだ」「僕は生まれてきた価値がないんだ」などと自己否定をし始めます。
そうして、自己否定、自信のなさが潜在意識の中に刷り込まれていき、大人になってからも、ずっと影響し続けます。

 

うつ病の患者さんは、みなさん「自己否定」という固定観念に苦しめられています。
「自分は弱い人間だ」と自信がなく、自分自身を愛せないのです。

 

自分を大好きになって「自己肯定感」を持てるようになると、心が楽になり、人生が楽しくなってきます。

 

うつ病は再発の危険が

とはいっても、うつ病を治すために・・と精神安定剤を飲んでいても、一時的に症状は楽になっても、薬をやめたり、ストレスを感じる出来事がおこると、潜在意識の中に刻まれた「自己否定」が顔を出し始めます。

 

子供の時に刷り込まれたマイナスな観念は精神安定剤では、取り去ることは出来ません。うつ病になると、再発しやすいというのはそういうことなんです。
潜在的な意識に刷り込まれた「自己否定感」を消し去ることが出来なければ、症状が治まったように見えても、うつ病は再び再発してしまうのです。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

自分の人生を不幸にしてしまう人生脚本は子供のころに形成される
自分を不幸の人生にしてしまう人は子供の環境が原因であることが多いと言われています。特に、親からの言動により自分を殺してしまいます。
自分に対する「禁止」を緩め人生脚本を書き直そう
自分を不幸の人生にしてしまう人は子供の環境が原因であることが多いと言われています。特に、親からの言動により自分を殺してしまいます。
口癖やしぐさや表情などをチェックして人生脚本を書き換える
自分を不幸の人生にしてしまう人は子供の環境が原因であることが多いと言われています。特に、親からの言動により自分を殺してしまいます。
楽しいと思う事や、やりたい事を見つける
うつ病の症状改善には投薬も重要ですが、趣味や楽しいことを見付けることもとても大切です。それにより心が落ち着き、次第にうつ病も改善していきます。
減点中心の考え方をやめる
減点中心の前向きでない考え方はうつ病の人にはとても悪影響です。
うつ病の治療が長引きやすい場合
うつ病は、十分な休養と適切な薬物療法を受ければ、典型的には数か月のうちにある程度軽快することが多いと言われています。しかしながら、経過には個人差があり、治療が長引くことも多くあります。
うつ病発症のメカニズム
うつ病が発症する過程では、さまざまな「脳」と「環境」の悪循環が起こっていると言われています。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療