うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

職場でのうつ予防

職場でのうつ予防

うつ病につながる職場のストレス要因としては、以下のようなものがあると言われています。これらは、厚生労働省が労災認定について定めた「心理的負荷による精神障害の認定基準」に定められた、職場で心理的負荷を得る6つの出来事の類型です。

職場でのうつ予防

  • 事故や災害の体験
  • 仕事の失敗、過重な責任の発生
  • 仕事の量・質
  • 役割・地位の変化等
  • 対人関係
  • セクシュアルハラスメント

これらの職場のストレッサーと、家庭環境や性格などの個人的要因、また周囲からのサポートとの組み合わせでストレス反応が起こります。ストレス反応への対応がうまくいかないと、うつ病などの疾病につながると言われています。
また、過重労働はもちろんうつ病につながる大きな要因となりますが、単に仕事が多ければうつ病になりやすいというものでもありません。ストレスを感じる度合いは、仕事の要求度とコントロールの度合いが関係していると言われています。

 

一番の負担は…?

仕事の要求度が高いにもかかわらず、裁量があまりない

一番ストレスをためやすいのは、仕事の要求度が高いにもかかわらず、裁量があまりないなど、進め方を自分でコントロールができない状態です。仕事は大変でも、裁量が大きくペースや進め方を自分でコントロールできれば、負担の割にはストレスをためにくく、積極的に仕事に取り組むことができると言われています。
これは職場の環境づくりとしても大事なポイントですが、個人でできる工夫もあります。例えば、周囲と積極的にコミュニケーションをとることで、少しでも自分のやりやすいように取り組み方を変えることができるかもしれません。
また、仕事のストレッサーによる心身への影響を和らげるものとして、ソーシャルサポートというものがあります。

 

ソーシャルサポートとは…

困ったときに頼れる人間関係のことです。うつ病にかかりやすい人は、人に頼ったり、弱音を吐いたりすることが苦手だったり、いけないことだと思っていることが多いように思います。結果的にソーシャルサポートが不足し、仕事のストレッサーが増えたときにうまく乗り越えられずにうつ病にかかってしまうと考えられます。
そのためうつ病予防のためには、コミュニケーションのスキルを高め、職場やプライベートな人間関係など、何かあったときに相談できる相手との関係を普段から耕しておくことが大切ではないでしょうか。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病による休職からの職場復帰のポイント
仕事を休んだ状態でいると、経済的なことや職場での立場のことなど、何かと不安も多いと思います。症状としての不安や焦りも出やすく、一刻も早く復帰しなければとの思いに駆られがちかもしれません。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療