うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病症状の症状と治療法、予防方法などを紹介。

うつ病になりやすい時期① 月経前

女性のうつ病

 

月経

月経がはじまる数日前から、腹痛、乳房痛、むくみ、腰痛、便秘、下痢などの身体の症状や、うつ状態、不安感、絶望感、過眠、イライラなどの症状に悩まれる人がいます。
このような症状をPMS(月経前緊張症)といいます。

 

この症状があると、物事に集中できなかったり興味がなくなったりするので、仕事の能率が悪くなったり、他人の言動に対して過敏に反応し、衝突が起きたり、食欲不振や、疲れが出やすくなったりします。
精神的に揺れやすいので、犯罪や事故などのトラブルを起こしやすい時期でもあります。

 

生理前に強い不安感を覚える人も

月経前に精神状態が不安定になる人は2~5割程いると言われているので、珍しい症状ではありませんし、その大半の人は日常生活に大きな影響を与えるほどの症状ではありません。
しかし、中には月経の周期ごとに強い精神不安を起こす事が一年以上続く場合「月経前不快気分障害」と診断されることがあります。

 

これらは、10~20代にかけて発症すると言われ、うつ病や躁うつ病、不安障害にかかった経験のある人がかかりやすいと報告されています。
しかし、これらの症状は、閉経すると起こらなくなります。

 

これらの症状は、ピル(エストロゲンとプロゲステロンの合剤)、排卵誘発剤、漢方薬、抗不安薬などの薬を使うことで治療できます。
酷い症状で悩んでいる人は、早めに産婦人科や精神科で相談しましょうね。

 

リラックスすることによって症状を改善する

日常に差し支えるような酷い症状ではない人は、軽い運動をして気分転換を図ったり、アロマテラピーや音楽でリラックスしたり、おいしい食事を食べたり、無理せずに気分が良くなるような対策をしてみましょう。
また、この症状はホルモンバランスによって起こっているので、月経が始まれば治るんだということを理解することによって気持ちを楽にすることも良いですね☆

 

サプリメントによって症状を改善する

生活改善だけでは乗り切れない気分障害も、サプリメントを摂取することによって改善するケースが有ります。

 

抗うつ剤や精神安定剤での治療では、お薬の離脱症状に苦しむ場合が有ります。そういった問題もサプリメント療法は心配する必要がないので安心して取り入れることができます。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病になりやすい時期② 産後
うつ病は女性のほうが男性よりも発症しやすいと言われています。その理由のひとつとして今回は産後の影響について説明します。
うつ病になりやすい時期② 産後うつ病への対策
出産を行った後にうつ病になってしまう女性が増えています。いわいる産後うつです。どのような状況や原因でなってしまうのかを紹介します。
うつ病になりやすい時期③更年期
更年期障害になると心も身体も不安定になりうつ病の症状が出やすい状態になります。 しっかりとした知識と対策が必要です。
主婦とうつ病
専業主婦は外に出る機会が少ないので、ストレスが中々発散されずに溜まっていき、それが原因でうつ病を発症してしまうことがあります。
主婦のうつ病対策
主婦がなりがちなうつ病の対策方法をお話します。
働く女性とうつ病
主婦の働く女性にとって職場はストレスを与える環境です。日中は仕事、帰ってからは家事や育児と休む時間もありません。そこのとでストレスが溜まりうつ病へ繋がることもあります。
うつ病につながる脳疲労
うつ病につながる脳疲労とはどのようなものでしょうか。原因はストレスが大きく関係しているといわれています。
うつ病になりやすいとき
うつ病になりやすいときはどのようなときでしょうか。ホームズとレイ(1967)は、人生に起こる様々な出来事とストレス過程との関係について研究し、多くの人が、うつ病に限らず病気になる前に生活上の大きな変化を経験していることを明らかにしました。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療