うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病と発達障害

うつ病と発達障害

うつ病と発達障害

最近では、「新型うつ病」などと呼ばれる、従来のような真面目で几帳面な人がなるうつ病とは違うタイプのうつ病の存在が話題になっています。新型うつ病と呼ばれる人たちは、協調性がなく勤務態度が不真面だったり、自分を責めるよりも他人を責めたりすることが多いと言われています。
こういったタイプの中には、発達障害と呼ばれる先天的な障害をベースにもっている場合があると考えられます。

発達障害には、大きく分けて以下のような種類があります。

知的障害

知的な理解力の不足により、複雑なことがわからなかったり、対人関係が未熟だったり、生活上のことがうまくこなせなかったりします。明らかな場合は幼少期に発見され、早くから支援を受けられますが、軽度の場合、単に成績が悪い程度で何とか学生生活を切り抜け、就職してから業務をうまくこなせず、発覚することもあります。

 

自閉症スペクトラム障害

相手の気持ちを推測できなかったり、特定のものにしか興味を示さなかったり、自分のルールややり方にこだわり、柔軟に行動できないといった特徴を持つ障害です。知的障害を伴う場合と伴わない場合があり、非常に高い知能を持つ場合もあります。仕事となると人と協調しながら業務を行わなければならず、つまづくことがあります。何事も言葉通りに捉えてしまい、相手の表情や場の様子から適切に状況を理解することができません。
本人としては、思ったことを素直に口にしているだけだったりしますが、場を読まずに批判なども口にしてしまったりするため、周囲からすると攻撃的にみえることもあります。

 

注意欠如・多動性障害

落ち着きがなく耐えず動き回ってしまったり、不注意でミスが多かったりする障害です。子供時代にクラスで座っていられないなどの問題行動が多ければ気づかれやすいですが、多動が目立たず不注意が中心だったりすると、単なるやんちゃな子、そそっかしい子として見落とされることも多くあります。仕事となるとミスを連発して起こられたり、衝動性の高さから不用意な発言をして問題となったり、困難が生じることがあります。

 

学習障害

全体的な知的能力が低いわけではないのですが、算数や読み書きなど特定の領域の能力が極端に低い場合もあります。この場合も、仕事上苦労することが多いでしょう。

 

うつ病での学習障害

それぞれの障害は、重なって持っていることも多くあります。脳の働きの障害ですので、障害特性として感情の不安定さを持っていることもありますし、様々な不器用さから、幼いころより叱られたり友達とうまくいかなかったりといった否定的体験を重ね、傷ついたり自信をなくしていたりします。学生時代までは何とか乗り切ってきても、仕事でうまくいかずに不適応となり、結果的にうつ病につながるケースが多いのです。

 

発達障害では、得意なことと不得意なことの差が大きく、誤解されやすかったり、本来の力を発揮できなかったりします。うつ病の背景に発達障害がある場合には、自分の特性とうまく付き合う方法を考えたり、環境を調整したり、起きている不適応に対する対処が必要です。専門の薬物治療が効果的なこともあります。
自分とうまく付き合い、自分に合った環境を見つければ、得意な力を生かして活躍できることも多くあります。不器用さに悩んでいる場合は、治らない性格によるものとあきらめずに、医師やカウンセラーに相談してみましょう。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病の人の気分転換に外出する場合は慎重に|うつ病患者の暴れる行動への対処
うつ病の人を外出に誘うことは、心に負担を与えるので控えたほうが良いです。また情緒不安定になって暴力的な時は、まともに受け取らず落ち着きを取り戻した時に寄り添って共感してあげます。最後まで見放さないことも伝えると良い接し方になります。
うつ病と自殺
国内外の調査によると、自殺者の9割程度は、自殺直前にはうつ病をはじめとした精神障害に罹患した状態にあったとされています。 うつ病では、意欲や集中力の低下の影響で、仕事の能力が落ちることも多く、自己評価が低下しがちです。
うつ病と自律神経失調症
自律神経とは、アクセルの働きをする交感神経と、ブレーキの働きをする副交感神経の二つからなり、循環器や消化器、呼吸器など、体中の臓器や筋肉などをつかさどっている神経です。
うつ病による休職からの職場復帰のポイント
うつ病で休職した社員が復帰する際、どのような調整を行ったらよいか、またどのように接したらよいか、など頭を抱えることも多いのではないでしょうか。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療