うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病とアルコール

うつ病とアルコール

飲みすぎた次の日に、

  • やる気が出なかったり
  • なんとなく物悲しかったり
  • 気分が不安定になったり

した経験がある人は多いのではないでしょうか。その状態から抜け出すために、迎え酒を繰り返してしまう人もいるかもしれません。数日間アルコールの摂取を繰り返すと、うつ病に似た状態になることがあるのです。

 

一時的なものであれば、断酒によって速やかにこの状態は改善しますが、長期的な飲酒量の多さやアルコール依存症は、将来のうつ病発症のリスクに関連する可能性があると言われています。アルコールを長く飲み続けていると、脳に変化が起こり、アルコールが抜けたときの感情の変化やストレス反応が出現しやすくなります。そのためさらに飲みたくなり、悪循環に陥っていくからです。このサイクルが続くとアルコール依存症に発展する危険が非常に高く、また抑うつ症状が強まることもあるのです。

飲酒はうつ病の治療効果を下げる

飲酒はうつ病の治療効果を下げることも知られています。アルコールが入ると衝動的になりやすいため、自殺を図ってしまう人も多くいます。また、アルコールには鎮静作用があり、寝つきがよくなるため寝酒をする人も多いのですが、アルコールの代謝物であるアセトアルデヒドは覚醒作用を持ち、眠りを浅くしてしまいます。
さらに中枢神経に対する抑制作用により、抑うつ状態を悪化させます。これらのことから、飲酒の問題を持っていると、うつ病の予後が悪くなりやすいと言われています。

 

適量を超えないように…

お酒は楽しみながら適量飲んでいる分には効果的な面もありますが、辛い気持ちから逃れるための飲酒がくせになってしまうと、気分は改善するばかりか悪化していくためますます飲酒が増えていく悪循環に陥りがちです。気が付いたらお酒を飲まずにはいられなくなっていることもあり、その状態までいくとアルコール依存症と呼ばれます。アルコールには、精神依存だけでなく身体依存もあり、依存症になると、基本的に節酒というものはできません。一滴でも飲んでしまうと、止められなくなります。そのため、断酒が必要です。

 

飲酒によるストレス解消は、「回避」

飲酒によるストレス解消は、「回避」と呼ばれる、嫌な気分から逃げる対処法です。もちろん何でもかんでも立ち向かっていける人はいないと思いますので、嫌な気分から一時的に逃げることは必要なこともありますが、その方法だけに頼っていると、事態は好転せず悪循環になりがちです。アルコールがやめられなくなる人は、ストレス対処のレパートリーが少なく、逃げるしかない、という気持ちになりやすいように思います。

 

他に方法がなければお酒をやめることは辛いだけなので、代わりとなるストレス対処法を探していきましょう。一人では難しい作業ですので、アルコールの問題に悩んでいたら、主治医やカウンセラーなど専門家と相談しながらお酒に振り回されない生活を見つけていきましょう。AAや断酒会などの自助グループへの参加も支えになるかもしれません。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

更年期のホルモンの関係|パニック障害はうつ病を併発する可能性が
体がだるい、気分が落ち込む等の症状が毎日続き、うつ病ではと思う場合は自分でチェックすることができます。更年期のホルモンバランスの急激な変化が原因でもあり、詳しく説明してあります。また、うつ病の治療法や効果のあるスポーツの情報もあります。
うつ病の現状
現状では、うつ病は男性の10%、女性の20%が、一度はかかる病気であるといわれます。その辛い悩みを誰にも相談できずに一人で抱え込むと、脳のエネルギーが不足して否定的なものの見方が顔を出し、普段なら苦にならないことまでが苦になってきます。
うつ病の大きな原因となるストレスの解消策が必須
ストレスはうつ病の大きな原因となります。多忙な現代人にとって精神的あるいは肉体的な緊張は不可避なものですが、余暇の時間をうまくとることで解消しなければ、うつ病が発生する、あるいは継続する引き金となります。
うつ病の原因(環境、性格、遺伝)と治療
うつ病はストレスなどによる環境要因、真面目で責任感が強いという性格要因が原因とされています。さらに双子の片方が罹患した場合、他方も罹患する確率が高いため遺伝的要因も関連しています。またうつ病は、早期発見、早期治療が有効な病です。
うつ病を促進するとされるタバコ喫煙との関係とは
誰にでもなる可能性があるうつ病ですが、性格もうつ病になる原因に関係していて、特に責任感の強い人や正義感の強い人はストレスもためやすいようです。もしかしたらと思ったら、早めにチェックすることが重要です。
毒にも薬にもなるアルコールとうつ病との複雑な関係
うつ病とアルコールとの関係は言わば「毒にも薬にもなる」というもので、気分を良くする効果がある一方、中毒に陥る危険性もあると諸刃の刃であるといえます。人の体質に依拠する部分が大きいという点を強く意識することが大切です。
うつ病は服薬と休養で治まるが、再発しやすい!
うつ病の薬は実際にうつ病を「治す」のではなく、症状を抑えるだけです。うつ病の原因は薬で取り除くのが不可能なので、薬だけに頼っていては再発の恐れがあります。
うつ病になりやすいタイプ
うつ病は、幼少期からの体験や体質、気質といった個人要因ときっかけとなるストレス要因の組み合わせで発症すると言われています。
仮面うつ病
うつ病では、落ち込みなどの抑うつ症状が目立たず、身体症状が中心となるタイプがあり、仮面うつ病と呼ばれることがあります。身体症状という仮面をかぶっている、という意味です。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療