うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病症状の症状と治療法、予防方法などを紹介。

うつ病の現状

うつ病の患者数の推移について

1996年に43.3万人いたうつ病の患者数ですが、2008年の104.1万人をピークにして、2011年には95.8万人と非常に高いうつ病の患者数を記録しています。
2010年に発生した東日本大震災も影響していると考えられています。

 

全体的には、男性よりも女性の増え方が著しく、1998年と2011年を比較したところ、男性は2倍に、女性は2.5倍にまで増えてきています。
また世代別にしても、30代になると男性女性関わらずに急激に患者の数が増えてきます。
これは、会社などでのストレスが原因と考えられます。

 

男性は年齢を重ねると共に患者の数を減らしていきますが、女性のほうは60代でも10万人近くがうつ病で悩まされていると推定されています。
80代の方でも6万人近くが発症していると考えられ、寿命が長くなる事と比例していると考えられます。

 

30代40代の働き盛りの人たちが発症してしまうと、経済活動にも影響します。
効果的な休暇の取り方や勤務時間の改善などで、過度なストレスを避けることが重要になってきています。

 

うつ病の相談所の必要性

うつ病の相談所の必要性

最近は増えてきたものの、まだまだうつ病の相談所は足りないみたいです。
最近は全ての年代でうつ病が増えてきているらしいです。

 

子供世代は家庭や学校での人間関係、学校の形骸化。
若者は会社でのコンプライアンス、人間関係等のストレス。
中年は中間管理職の世代ですので仕事でのストレス、家庭、老後への不安からくるストレス。

 

高齢者に至っては近所との人間関係、孤独死への不安。
要素を挙げるといとまがありません。
特にこれからの増大していく少子高齢化社会、社会保障制度の崩壊への不安に対して日本国内がうつ傾向になっていると言っても過言ではないと思います。

 

素人ながらに考えた対策はまずは労働世代に対するうつ病の相談所の増設、相談電話センター等の増設ではないかと思います。
労働世代をきっちりサポートしていかないと税収は上がりません。
続いては未来の労働世代である子供達へのサポート、その次に高齢者ですがサポートの仕方はいわゆる社会参加(労働、ボランティア活動等)による人間関係の構築、日本がうつ病から脱出するにはサポートの主人公を高齢者から若者にスライドしていく事だと思います。
そうする事によって日本経済の活性化につながり、うつも減少していくのではと思います。

 

リラックスすることによって症状を改善する

リラックスすることによって症状を改善

日常に差し支えるような酷い症状ではない人は、軽い運動をして気分転換を図ったり、アロマテラピーや音楽でリラックスしたり、おいしい食事を食べたり、無理せずに気分が良くなるような対策をしてみましょう。
また、日光に浴びることは症状を改善する大きな要因になりますので、ふだんあまり日に当たらないという方は気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

サプリメントによって症状を改善する

生活改善だけでは乗り切れない気分障害も、サプリメントを摂取することによって改善するケースが有ります。

 

抗うつ剤や精神安定剤での治療では、お薬の離脱症状に苦しむ場合が有ります。そういった問題もサプリメント療法は心配する必要がないので安心して取り入れることができます。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

更年期のホルモンの関係|パニック障害はうつ病を併発する可能性が
体がだるい、気分が落ち込む等の症状が毎日続き、うつ病ではと思う場合は自分でチェックすることができます。更年期のホルモンバランスの急激な変化が原因でもあり、詳しく説明してあります。また、うつ病の治療法や効果のあるスポーツの情報もあります。
うつ病の大きな原因となるストレスの解消策が必須
ストレスはうつ病の大きな原因となります。多忙な現代人にとって精神的あるいは肉体的な緊張は不可避なものですが、余暇の時間をうまくとることで解消しなければ、うつ病が発生する、あるいは継続する引き金となります。
うつ病の原因(環境、性格、遺伝)と治療
うつ病はストレスなどによる環境要因、真面目で責任感が強いという性格要因が原因とされています。さらに双子の片方が罹患した場合、他方も罹患する確率が高いため遺伝的要因も関連しています。またうつ病は、早期発見、早期治療が有効な病です。
うつ病を促進するとされるタバコ喫煙との関係とは
誰にでもなる可能性があるうつ病ですが、性格もうつ病になる原因に関係していて、特に責任感の強い人や正義感の強い人はストレスもためやすいようです。もしかしたらと思ったら、早めにチェックすることが重要です。
毒にも薬にもなるアルコールとうつ病との複雑な関係
うつ病とアルコールとの関係は言わば「毒にも薬にもなる」というもので、気分を良くする効果がある一方、中毒に陥る危険性もあると諸刃の刃であるといえます。人の体質に依拠する部分が大きいという点を強く意識することが大切です。
うつ病は服薬と休養で治まるが、再発しやすい!
うつ病の薬は実際にうつ病を「治す」のではなく、症状を抑えるだけです。うつ病の原因は薬で取り除くのが不可能なので、薬だけに頼っていては再発の恐れがあります。
うつ病とアルコール
アルコールを飲みすぎた次の日に、うつ病の症状である、やる気が出なかったり、なんとなく物悲しかったり、気分が不安定になったりした経験がある人は多いのではないでしょうか。
うつ病になりやすいタイプ
うつ病は、幼少期からの体験や体質、気質といった個人要因ときっかけとなるストレス要因の組み合わせで発症すると言われています。
仮面うつ病
うつ病では、落ち込みなどの抑うつ症状が目立たず、身体症状が中心となるタイプがあり、仮面うつ病と呼ばれることがあります。身体症状という仮面をかぶっている、という意味です。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療