うつ病の症状と治療 | うつ病チェック

うつ病症状の症状と治療法、予防方法などを紹介。

パニック障害はうつ病を併発する可能性のある疾患

うつ病のメカニズムについて

人間の脳内には、約1000億個の神経細胞があります。
一つの神経細胞と別の神経細胞は、直接つながっているのではなく、
神経細胞と神経細胞の間には、小さな隙間(シナプス)があります。

 

外から入ってきた情報は、このシナプスで「ノルアドレナリン」や「セロトニン」などの神経伝達物質(化学物質)として放出され、次の神経細胞にある受容体(レセプター)に結び付くことによって、情報が伝えられてゆきます。

 

うつ病のおきるメカニズムがすべて分かっているわけでは、ありませんが、健康な人の場合はこの情報伝達がスムーズに行われているのですが、うつ病の場合は、セロトニンやノルアドレナリンの放出量が減っていて、この情報伝達がうまく行なわれていないことがわかっています。

 

なぜ、うつ病の人にこのような症状が起きるのかは、現在はまだ不明ですが、セロトニンやノルアドレナリンの分泌を増やす薬が、この病気の治療に効果があることは分かっています。

 

更年期のうつ病とホルモンの関係

ホルモン分泌の異常は、さまざまな体調不調を引き起こします。例えば、副腎皮質(ステロイド)ホルモンが過剰に分泌されると、全身の倦怠感、睡眠障害、気力低下、起床困難などの辛い症状が現れ、鬱症状と一致するところがあります。

 

また、近年では、男性更年期、女性更年期が一般的に認知されてきており、原因には性ホルモンの急激な変化が大きく関与していることが知られています。

 

女性は、閉経前後の10年間が更年期とされており、人によって差はありますが、肩こり、腰痛、頭痛、耳鳴り、眩暈、全身倦怠感などの身体的症状の他に、気力低下、気分障害、睡眠障害、起床困難など、うつ病と同様の症状が現れることが多く、これを更年期鬱と言います。

 

治療法は、一般のうつ病と同様に、療養と、抗鬱剤、坑不安剤、睡眠導入剤などの薬物治療が中心になります。
また、更年期の鬱は、精神科・心療内科などの精神疾患を担当する医師以外にも、婦人科・更年期外来でも治療をしています。

 

パニック障害はうつ病を併発する可能性のある疾患

パニック障害の発作は、ある日突然起こるケースがあります。
強風の吹く日に初めての発作を経験すると、次にまた強い風が吹くと同じように発作が起きるのではないかと不安になる「予期不安」を持つようになります。

 

パニック障害はうつ病を併発する可能性のある疾患

パニック障害の発作は、個人差もありますが、心臓が強く脈打ち息苦しくなる心臓発作のようだと訴える患者が多く、救急搬送で病院に運ばれることも多々あります。医療機関に着くころには発作は治まっており、精密検査をしても何処にも異常が見当たらず、本人は原因の分らない発作に悩むことになります。

 

原因不明の発作や予期不安が続くと、気持ちが落ち込み、くよくよとする毎日を送ることになりますので、パニック障害の患者はうつ病を併発する人が多くなっています。

 

うつ病は、抗鬱剤や療養で改善が見込める疾患ですが、再発率の非常に高い疾患でもあります。
パニックの発作を経験し、医療機関の検査で身体的な病巣が発見されない時には、精神科・心療内科などを受診して早期に治療することが肝心だと言えます。

 

リラックスすることによって症状を改善する

リラックスすることによって症状を改善

日常に差し支えるような酷い症状ではない人は、軽い運動をして気分転換を図ったり、アロマテラピーや音楽でリラックスしたり、おいしい食事を食べたり、無理せずに気分が良くなるような対策をしてみましょう。
また、日光に浴びることは症状を改善する大きな要因になりますので、ふだんあまり日に当たらないという方は気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

サプリメントによって症状を改善する

生活改善だけでは乗り切れない気分障害も、サプリメントを摂取することによって改善するケースが有ります。

 

抗うつ剤や精神安定剤での治療では、お薬の離脱症状に苦しむ場合が有ります。そういった問題もサプリメント療法は心配する必要がないので安心して取り入れることができます。

 


この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。


食生活とプラスでうつ病の改善をはかる

市販されているサプリメントの中には、精神の安定に効果のある物が数多く有ります。それらは日々の生活に取り入れることで症状の緩和につながったケースが数多く有ります。

また、うつの症状の一つに「食欲の減退」が挙げられます
うつを患うと、食事をすることに意欲が湧かなくなったり、生活習慣が乱れる場合が多いので、食事と一緒にサプリメントを取るようにしましょう。

▲ページのトップへ戻る

関連ページ

うつ病の現状
現状では、うつ病は男性の10%、女性の20%が、一度はかかる病気であるといわれます。その辛い悩みを誰にも相談できずに一人で抱え込むと、脳のエネルギーが不足して否定的なものの見方が顔を出し、普段なら苦にならないことまでが苦になってきます。
うつ病の大きな原因となるストレスの解消策が必須
ストレスはうつ病の大きな原因となります。多忙な現代人にとって精神的あるいは肉体的な緊張は不可避なものですが、余暇の時間をうまくとることで解消しなければ、うつ病が発生する、あるいは継続する引き金となります。
うつ病の原因(環境、性格、遺伝)と治療
うつ病はストレスなどによる環境要因、真面目で責任感が強いという性格要因が原因とされています。さらに双子の片方が罹患した場合、他方も罹患する確率が高いため遺伝的要因も関連しています。またうつ病は、早期発見、早期治療が有効な病です。
うつ病を促進するとされるタバコ喫煙との関係とは
誰にでもなる可能性があるうつ病ですが、性格もうつ病になる原因に関係していて、特に責任感の強い人や正義感の強い人はストレスもためやすいようです。もしかしたらと思ったら、早めにチェックすることが重要です。
毒にも薬にもなるアルコールとうつ病との複雑な関係
うつ病とアルコールとの関係は言わば「毒にも薬にもなる」というもので、気分を良くする効果がある一方、中毒に陥る危険性もあると諸刃の刃であるといえます。人の体質に依拠する部分が大きいという点を強く意識することが大切です。
うつ病は服薬と休養で治まるが、再発しやすい!
うつ病の薬は実際にうつ病を「治す」のではなく、症状を抑えるだけです。うつ病の原因は薬で取り除くのが不可能なので、薬だけに頼っていては再発の恐れがあります。
うつ病とアルコール
アルコールを飲みすぎた次の日に、うつ病の症状である、やる気が出なかったり、なんとなく物悲しかったり、気分が不安定になったりした経験がある人は多いのではないでしょうか。
うつ病になりやすいタイプ
うつ病は、幼少期からの体験や体質、気質といった個人要因ときっかけとなるストレス要因の組み合わせで発症すると言われています。
仮面うつ病
うつ病では、落ち込みなどの抑うつ症状が目立たず、身体症状が中心となるタイプがあり、仮面うつ病と呼ばれることがあります。身体症状という仮面をかぶっている、という意味です。

ホーム サイトマップ
TOP 女性のうつ病 サイト記事一覧 うつ病予防レシピ おすすめ改善サプリ うつ病の治療